島根県益田市久城町「しらがみ歯科クリニック」-義歯 インプラント 歯科矯正治療 ホワイトニング 訪問診療 予防歯科のことならしらがみ歯科クリニックへ。

しらがみ歯科クリニック
TOPページへ戻る | 
ブログ
クリニックの紹介
MENU
お問い合わせ

医療法人
しらがみ歯科クリニック

698-0001

島根県益田市久城町911-2

TEL 0856-31-0202
FAX 0856-31-0068

<{$xoops_sitename}>
ホーム  >  院長ブログ  >  最新エントリー
しらがみ歯科院長ブログ -島根県益田市-

院長ブログ - 最新エントリー

執筆 : 
院長  2017-2-20 9:59

先日の日曜日、珍しく用事もなく(医院は矯正治療で診療中(^_^;))しかも貴重な晴れ。
これはもう走るしかない、ということで萩あたりをライドに。

8時半には妹尾先生に挨拶をしていそいそと家をあとに。
9時半には萩のマリーナに到着。

ここから萩、長門、秋吉台と回る予定。
県道64号線から長門に向かう。
チャリでないと通れないような道だが車が来ないのですこぶる気持ちがいい。
本当に自転車に乗っててよかた〜と思う瞬間です。

11時半には長門に到着。
目的の一つである長門で人気店のラーメン屋に向かう。

「麺宗祐気」さんの評判の鶏塩ラーメン。

食べログ風に評価すると★★★☆☆
って感じ。
食べに行っても損した感じにはならないかな、という程度。
具体的に言うと旨いちゃ〜旨い。
ケドそれは見た目通りの味で皆さんが想像する通りの味、そのまんまって感じです。
ただ、少々しょっぱい様な。
柚子こしょうが添えてあったのはグッドです。
減点ポイントは、まず圧倒的に量が少ない。僕は半チャーハンとセットにしたのですが、もう一杯大盛りで追加しようと思ったほど。
あと高い!
ラーメン1杯790円は・・・。

ってことで星が減りましたが店員さんは愛想もよく店主さんはキビキビしていて気持ちのいい店でした・

 さ、お腹も満たされたあとは秋吉台に向かいます。
とりあえず国道を快走していると、突然、ゴン!と肘に痛みが、
最初はなんのことかわからなかったのですが、どうやら車に抜かされる時にミラーにぶつけられたよう。
「くそー、当て逃げかよ」
と怒り心頭で車を追いますが、ストレートの国道で車に追いつけるはずもなく
「黒のシビック、ナンバー667 覚えたぞ」と鼻息も荒かったのですが
3漕ぎ4漕ぎするうちに
「あれ、668だったかな、997だったな」と怪しくなり石柱渓に向かう激坂ではそんなことはすっかり忘れてしまいました。

県道268号線の激坂を堪能したあとは山焼きをしている秋吉台に向かいます。

秋吉台のカルストルートは自動車やオートバイで走っても気持ちがいいのですが、なんといっても真打はロードバイクに限りますね!

山焼きの後の焦げ臭い中を走っていると本当に気持ちがいい。車で走っている人が可愛そうだなーと思ってしまうほど。

ここはよくスーパーカーが出没するので期待していたのが、前から黒のウラカン出現!!
「カッコイイ!」
と手を振るもガン無視でした。
やっぱりスーパーカーに乗るときは周りにも気を配らなくっちゃね。

秋吉台からは下り基調で萩に戻ります。
マリーナ駐車場についたのは4時前。
約120キロのライドでした。
久々のライドで獲得標高も1700あったので疲れましたがサイコーでした。

ただ、翌日右肘がジンジン痛み診療に若干の支障をきたしたのは言うまでもありますん。

執筆 : 
院長  2017-2-17 23:03

先週の大雪の連休、仕事の用事があり長男と三男と嫁をつれて名古屋に行って来ました。

名古屋は学生の頃、岐阜薬科大を受けたときに寄った以来です。

日本の三大都会なのにイマイチピンとこないなんとなく残念な感じがするビックシティです。

駅もホームはちょっと古臭く博多の方がよっぽど近代的。
でも駅の表に行くと素晴らしく未来チック。

首が折れるぐらい高いビルが乱立していました

名古屋に行ったのは旧友に会うため。

家族付き合いもあるためふた家族でランチとなりました。

旧友は
「名古屋なんて所詮人の多い田舎さ」
と言っていましたが、僕の目から見ると大阪や博多と比べるとずっと洗練されていました。

泊まったホテルも高層ビルの中にあり名古屋の都会ぶりを堪能できました。

やはりTOYOTAのお膝元だけあって発売前のLCが展示されており、僕的にはテンションマックスでした。

執筆 : 
院長  2017-1-31 12:47

西部会館で「消毒・滅菌講習会」開きました。
今回はメーカーのGCさん、ディーラーの玉井さん全面協力でした。

 滅菌や消毒というのは医療業界にとっては非常にセンシティブな問題で突き詰めると非常にコストがかかるしかと言って今のご時世おろそかにはできません。

そのことを鑑みてこの講演会を企画したのですが・・・集まりが微妙?

けっこういい勉強会だったのですが石見地区の先生って腰が重いのですね。

ま、みんながワクワクできるような勉強会をまた企画します。

執筆 : 
院長  2017-1-10 17:52

先日、用事があり福岡に行くことがありましたので、かねてより今日ものあったDB11を見に行くことに。

アストンマーティン福岡さんに行くとすでにDB11がエントランスに出してあり試乗もできるとな。
あまり時間がなかったのですが試乗もすることにしました。

見た目は抜群にインパクトありますな。

クーペ系統のなかでは一番かも。

ベンツsクラスクーペも好きですが土俵が違うという感じ。

全く素人目線の感想ですが、走行感は結構フツーといった感じ。
音もアストンマーティンrと思って期待すると肩透かしになります。
ブリッピングもバブリングも控えめ。

大人のスポーツクーペって感じです。
見た目のワルな感じからすると肩透かしをくらいます。
ベンツのSクラスに乗っているような感じです(乗ったことないけど)。

内装は乗り込んだ瞬間
「わ、さすがアストン」
って惚れ惚れしますが、乗っているうちにすぐに慣れます。所々にベンツと共通の内装パーツがあり少し興ざめです。
せめて見えるところはオリジナルのパーツにして欲しいところです。
それにナビのモニターが今時の車にしては小さめです。

革の使い方などは流石アストンって感じなのですが今時は国産車もすごく良くなってきているので、ここで猛烈なアドバンテージはないような。

なにせ、オプションをそこそこ付けると乗り出し2900万円ですから、ハードルも高くなります。

ま、僕が独身貴族で1台所有ならこれを選ぶかな・・・?
ないかな〜。

ま、いいくるまであることには間違いありませんのできっとも乗っている人を見れば
「素敵〜」ってなること請け合いです。

執筆 : 
院長  2017-1-7 22:37

早いもので黄色い猛牛が我が家に来て早や一年になります。

モータージャーナリストみたいなインプレッションは書けませんが素人なりの印象をとどめておきます。

まず、最初の一ヶ月はランボルギーニの強烈なオーラにやられて、
「とんでもないもの買ってしまった」
感、満載でした。

田舎の小市民よろしく、なるべくランボルギーニを買ったことを知られたくない、このことに触れて欲しくないと思い、患者さんに冷やかされようものなら恥ずかしいやら、なにか申し訳ないやら・・・。

やっぱり「ランボルギーニ」の名前の破壊力はすごくて、こんなことならやっぱり田舎ではあまり名前の行き渡っていない「マクラーレン」にすれば良かったと公開することも。

マクラーレン650Sぐらいであれば前にトヨタのマークをつけとけば真剣にトヨタの新型車と勘違いする田舎者はきっといるはず。

また、以前乗っていたポルシェに比べても見られている感は半端なく、チラ見どころかガン見、二度見などよくあります。
皆さんがガッツリ見るので運転している私の目が泳ぐほど。

とにかく所有するだけで田舎においてはガッツのいることなんだと痛感しました。


その分、所有している満足感は高く、ガレージを覗いて見れば所有感は半端なくあります。
頑張って働いて良かったと思います。

とは言え、維持費やローンの返済など今後も所有し続けられるのかは疑問ですが、支払いが苦しくなれば売ればいいだけのでもうちょっと持っておこうかなと思います。

走行編や使い勝手などはまたの機会に・・・。

執筆 : 
院長  2017-1-6 8:57

明けましておめでとうございます。

このブログはほぼ自分しか読まない日記のようなものですから、自分に対しての激励を込めて年頭所感としたいと思います。

2017年の目標は、スッタフが誇れる医院づくりです。

診療内容や労務の問題にしてもスタッフが医院を愛せることができればクオリティーはおのずと高まるはずです。

現在、衛生士会の顧問という役職上、昨年はいろんな医院の衛生士さんから自医院の不満等を聞く機会がありました。

今は衛生士さん不足とは言われていますが給与実態や就業実態など決していいとは言えず、どことは言わないまでもブラック企業のような医院もあります。

できればスタッフに医療職としてのプライドを維持することや生活への不安感をなくすことが僕の努めと思って頑張ります。

僕たちドクターにとっても労務問題が一番頭を悩ますところなのです。


話はかわって、
今年は長男の受験もあり2男3男を連れて大道山に初日の出を見に行きました。

過去2回行っていますが薄曇や雪で見ることができず・・・。

さあ今年はどうか結構綺麗にご来光を拝むことができました。

初日の出に向かって、家内安全、人類平和を祈願しました

執筆 : 
院長  2016-12-12 16:07

今回で確か3回目か4回目?となるボウリング大会を忘年会の0次会として開きました。

私は前回の反省を踏まえ、一回戦の個人戦ではあえての3位。セーブしました???

2回戦は2チームに分け対抗戦に。
大盛り上がりでしたが、あまりに皆がはしゃいでうるさいので他のお客さんに迷惑がかからないかとしんぱいでしたが、他にお客さんがおらず貸切状態に。
今回は中2の長女も参加していましたが、家では小うるさいのにスタッフのお姉さんがたの前だとしおらし気(^O^)。


さて、翌日は天気が持ちそうなので周防大島あたりをチャリで一周!などと目論んでいましたが、二日酔いで起きたら9時( ̄▽ ̄;)!!。

天気はいいのでいてもたってもいられずとりあえずチャリで出動。
短時間で達成感が得られる高山ヒルクライムとしました。

久しぶりに登る高山は流石にきつかった〜(´Д⊂。
それでも冬の晴れた日の山頂は素晴らしくきれいでしばらく、地面に寝転んでいたほど。

さすがに、翌月曜日の診療は足も腕もパンパンという院長にあるまじき自己管理の無さぶりでした。

執筆 : 
院長  2016-11-5 9:24

10月の連休。
家族を残してキャンプツールングへGo!

行き先はかねてより行ってみたかった四国カルスト。

コースは柳井よりフェリーで渡って高知泊。しまなみ海道を通って帰る予定。

初日に四国カルストに行きましたが、曇りが多いという中、運良く晴れていい景色を拝めました。
ただ、想像してはいましたがやはり寒い!
四国の山って高いのね。

 四国カルスト。すっごく綺麗です。ただ行ってみてわかったのは山口や北九州のカルストに比べて圧倒的にアクセスが悪いんですね。
なかなか気楽に行こうという気にはなりません(ま、その分、上がった時にはテンションもあがりますが)。

この後四国カルストから降りてきて高知市内に向かいます。

本日もう一つの目的地、四国自動車博物館へ。

ここは車好きには見逃せないなど、いろんなブログで書かれていたので行ってみました。

私の評価は・・・まあまあ。
自動車好きは行ってみても損はしないと思いますが家族を連れって行ったら怒られそう。
私も旧車好きではないのでそこまで響かず。念願のカウンタックは拝めました。

その後、桂浜の対岸にある無料キャンプ場でテント設営。
周りのライダーさんに挨拶をして高知市内で夕食をとりました。
以前、高知のはりまや橋周辺はもっと活気があったような気がしましが、今回は意外に静か。益田もんのお前が言うな!って言われそうですが、寂れてきてるのかな〜と心配。

翌日は、石鎚スカイラインを通って益田への予定。

朝6時過ぎに太平洋の朝日を浴びて出発。
昨日感じていた通り石鎚スカイラインに近づくにつれてドンドン寒くなる。
持って来たTシャツ類は全部着込んでのライディング。

それでも標高が上がり山深くなり、石鎚山が見え出すとテンションは上がります。
さすが四国という渓谷と山に囲まれた風景。
ただ、石鎚スカイラインはスカイラインというには周りの木々の囲まれ感が強く爽快感は少なめなのが残念。

ほどなく石槌山登山道のルートとなる終点の神社やお茶屋さんのある地点に到着。
ひとしきり休んで、お土産のペナントを購入。

ここからは瓶ヶ森林道を抜けて今治に出る予定。ま、石鎚スカラインの付属程度に考えていました。

決めた行程はこなさないと気が済まない性分なのであまり期待しないで林道途中入。
しばらくは普通の高原道ですが時折向こうの山の尾根伝いに車が走っているのが見えます。
「おいおい、まさかあんなところ走らすんじゃないだろうな」
と思っていると、そのまさか。

瓶が森山の登山口を過ぎたあたりから
猛烈な
強烈な
爆裂な
絶景が続きます。

ちょっと進んでは写真を撮るので一向に進まない。

本当に日本か?と思える程の景色でした。

是非次回はチャリで登りたいと思わせてくれました。

思わぬ絶景で時間を取り、尾道での昼ごはんが怪しくなり急いでしまなみ海道を北上中に家人から電話が・・・。

「急患よ〜。すごく腫れているらしいって!早く帰ってきて!」って。

( ̄▽ ̄;)!!

何故かソロツーリングしている時に限って・・・。
「ま、しかたあるまい。
これも開業医のつとめってもんよ。」
と自分を納得させて家路を急ぐことに。

それでもまだ通ったことのない尾道道を使うことにします。
ここは嬉しいことに中国道にぶつかるまで無料区間なのですがいかんせん一車線なのでセローの後には大名行列が続いてしまいます((´Д`;)ヾ ドウモスミマセン)。

もともとセローは高速向きじゃない上に僕が80キロ以上出すのが怖い。
それでも必死のパッチでアクセルひねって帰りました。

ずっと高速を走り続けて急いで帰ったせいか患者さんを診るときには目はショボショボ。

ソロツーリングはいっつも後半ドタバタになるけれど、それでもワクワク!また、安部礼司パターン(´∀`*)

執筆 : 
院長  2016-10-31 11:28

今年もありました、西部会館臨床懇話会。

そして例年通り私が講師決め。

そうそう、いい講師が其処此処に転がっている訳もなく、しまいには「いっちょ、俺が講師やってやろうか!」ってなもんです。

とはいえ、まだ同級生というカードもあり、今回は仲のいい母校の瀬田教授にお願いすることに。

彼とは6年間ずっと一緒の班で勉強をしてきた間柄。
大学卒業後は基礎と臨床に別れて大学院に進学。
僕は教授になりそこねましたが、彼は見事2年前に解剖学講座の教授に就任しました。

ただ、問題は話のテーマ。

基礎の教授だけに臨床医からは引きが弱い。
それでも話の内容は結構面白く、学生時代にタイムスリップしたかのよう。

医院のスタッフにもいい勉強になったと思います。

その夜は浜田の近藤先生とともにプチ同窓会となり楽しい夜でした。

執筆 : 
院長  2016-10-27 17:53

もうすぐハロウィンですね。

僕らおっさん世代には全く感覚ないですけど、近年益田でもじわじわきてます❕

一応、乗ったもん勝ちでこんなこと医院でもこんなことやってます。

« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 ... 34 »

ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
これまでの記事
Copyright (C) 2008 Shiragami Dental Clinic Medical Corporation. All Rights Reserved.  ログイン