島根県益田市久城町「しらがみ歯科クリニック」-義歯 インプラント 歯科矯正治療 ホワイトニング 訪問診療 予防歯科のことならしらがみ歯科クリニックへ。

しらがみ歯科クリニック
TOPページへ戻る | 
ブログ
クリニックの紹介
MENU
お問い合わせ

医療法人
しらがみ歯科クリニック

698-0001

島根県益田市久城町911-2

TEL 0856-31-0202
FAX 0856-31-0068

<{$xoops_sitename}>
ホーム  >  院長ブログ  >  最新エントリー
しらがみ歯科院長ブログ -島根県益田市-

院長ブログ - 最新エントリー

執筆 : 
院長  2017-10-2 10:57

エイドステーションが猛烈に充実との噂を聞いて一度出てみたかったイベント。
今年は出場が叶いました。

前のりして車中泊でMCCの仲間とBBQでもする予定でしたが、駐車場が車中泊不可ということで当日入りすることに。

前日は長女の用事のため、家にいるのは次男と僕だけ。
メシの支度をしてとっとと9時に就寝。
「やっぱり眠れね〜」
寝付きは悪くないのだけれどもガッチリとは眠られず、2時に起床。

妻がオッデセイを使っているためクーペで出動。チャリを積むのも大変。

4時過ぎには会場のウエルネスパーク柳井に到着。すでに結構な車があります。
MCCのメンツもすでに到着していました。

MCCのメンバーは多くが先頭付近に場所取り。
今回は制限時間も長めだしゆっくり行くつもりなのでやや後方に位置取りをしました。

今回の目的の一つに九州のアラタケ先生と走ること。先日の同窓会で出場は確認済み。
アラタケ先生と走るのは5年前のツールド国東以来です。
MCCでだべっていると、アラタケ先生参上。
「いや〜、シラガミの声は通るからすぐわかったよ!」
とのこと。アラタケ先生もやや先頭付近に位置取り。これはしばらくボッチ旅になるかも。

6時前には出走場所に移動。
この時INAKAライドのジャージを着ていったため、出場した多くの方に声をかけていただきました。

さあ、先頭から15分ぐらい遅れてスタート。大規模な大会にかかわらず出走はスムーズです。

とりあえずアラタケ先生目指して走りますが結構みんな飛ばします。
大きな峠でもあれば少し近づけるのですが、出だしは下り基調。少しの上りで何人かは抜くのですが下りでバンバン抜かされます。

 下りは苦手ではないのだけれども、皆さん早い!

それでも第一エイドでMCCメンバー、アラタケ先生をキャッチ。
今回、給食がブチイイ!と聞いていたので昨日の夕食からお腹を空かせていました。もはやハンガーノック寸前。
とりあえず茶粥、練り物、果物、ロールケーキと頂きました。

すると、ここでINAKAライドにも出場していた岡山の獣医のTake君発見。今回は山口の友達?とお揃いのカッコイイジャージを着ていました

さあ、次のエイドステーションを目指しますが、途中でMCCのヨシさん発見。
チェーントラブルとな。素人にはむつかしそうなのでマビックカーを待ちます。
その間、車の中で寝坊で出遅れた野村さん到着。
ここぞとばかりに平坦で単調な道を野村特急号にただ乗りです。
流石、特急!次々鈍行を追い抜いてあっという間に第二エイドへ。

ここではサザエ、炊き込みご飯、梨、シュークリームなど美味しく頂きました。ここでもアラタケ先生は早くも出発。結構早い!

第二エイドからは島の裏側のややアップダウンのあるとこ。
アラタケ先生に追いつくためにもまたも野村特急号にただ乗り。
この特急、恐ろしいことに下りがチョー早い。しかも後ろに乗っている乗員のことは考えない暴走列車なので乗るのも大変です。

アップダウンのダウンで徐々に離されていき、最後には完全にちぎられました。

こうなれば自力で行くしかなく第三エイドに着いた頃にはアラタケ先生の姿は見えず。

ここでは名物みかん鍋やフルーツてんこ盛り、ケーキなどを頂き、MCCの山ボケさんや野村さんと体が冷えるまで喋り倒し。

折角なのでちょっとはアラタケ先生と走ろうと思い、MCCの仲間より先にアラタケ先生を追いました。
しかしこっから苦手な平地巡航。しかも向かい風。なかなか都合よくいい列車はきません。
気が付けばこちらが列車の先頭になっていることも。
と、そこに
「お先に〜」
と審判と書かれベストを来たライダーが。
これはチャンスとばかりにその列車に飛び乗りました。
さすが、審判列車早い!
結構な向かい風にもかかわらず、40キロ弱で突き進みます。あまりの速さに他の乗員が乗ってこれないほど。結局2両列車で爆走です。あまりの無賃乗車に気が引けて少し先頭に出るも30秒ともたず交代。

そして、第4エイドに到着。
ここでは鯛寿し、団子汁?、アイスクリーム、ブッセなどを頂きました。
ここで、野村さん、山ボケさんと合流。
さすがに、向かい風はきつかったそうな。
ここでも、そこそこくつろいでいると、ついにヨシさん到着。DNSを覚悟していただけに驚きました。
さすが、マビックカー、修理が迅速です。

第5エイドに向けてみんなより早く出発。
ここでも適度な列車を探します。
さっきので味をしめて審判列車を探します。すると猛烈な勢いで抜かすチャリが!先ほどとは違いますが審判号です。
いかにも平地が早そうなスプリンター脚です。
飛び乗るのもやっとの思いでしたが、しばらくは高速で巡航。ちょっとした丘もダンシングでグイグイ行きます。

少し行くと、海沿いの小さな峠に突入。10%の坂も続きます。
ここで先頭機関車ペースダウン。流石に疲れたみたいです。悪いとは思いつつ、先頭車両を切り離して先に進みます(ゴメンネ)。
そして、先行するまずまずのスピードで登坂する女性をキャッチ。
抜き去る時に
「素敵なカラーの自転車ですね
と声をかけられました。登坂途中に女性から声を掛かられたら、イタリア男も黙っておれません(誰が?)
「モンドリアンカラーと言ってスペインの画家の名前がついているんですよ。」
と渋く渡瀬恒彦ばりに答える俺完全に坂のキツさ、忘れてましたね。


その後はしばらくプチ合コン状態であっという間に第5エイドに到着。

ここでアラタケ先生はおらず、せっかくここまで来たからには少しでも一緒に走らないとの思いから、ケーキとコーラを頂いて素早くピットアウト。

最後は平坦区間なので個人TTばりにソロで追います。ふと気が付くと4人列車の先頭に!
「よっしゃ!みんなついてこい」とグイグイ引きました。

残り10キロ地点、見覚えのあるグリーンジャージ発見。
ついにアラタケ先生捕獲。本人は逃げていたわけではないだろうが、こちらがエイドで休み過ぎたためにやっとキャッチできました。

ここからは仲良く二人で駄弁りながらゴールとなりました。

それにしてもアラタケ先生、機材も足も確実にアップしています。
流石に同級生においていかれるわけにはいかないので日々精進です。

今回はINAKAライド直後の大会であったのでジャージを着ていていろんな人から声をかけていただきました。
ありがとうございました。

執筆 : 
院長  2017-9-27 13:06

9月の台風が吹き荒れる17日、わざわざ直撃が予想される広島に同窓会に行って来ました。

今回は卒後25周年。
前日に妹尾先生が矯正できていたので、一家5人と一緒に暴風雨の中広島へ。

部隊は広島全日空ホテル。
7時からでしたが少し早めに行って妹尾先生とラウンジで一杯やることにしました。

そこには、早くも女子会が開かれていました。ぱっと見はおばさんの集団(失礼)でもよくみるとみんな20代の頃に戻ります。何なんでしょうね?この感覚。
少しお話すればみんな素敵な女学生に戻って行きました。

さて本番会場。

そこにはアラフィフのおっさん、おばちゃんが。でも乾杯とともに学生時代にトリップ。

あとは何を喋ったかわからない程の大盛り上がり(ほとんどが、家族に愚痴か病気自慢?)。

最後は仲の良いT君やS君と、どエライこだわりの強い(いい意味で)お好み焼き屋さんに。
店を出る頃は5時前。こんなに飲み歩いたのはいつぶりだろう・・・・。本当に学生時代に戻ったようでした。

次回の5年後が楽しみです。

執筆 : 
院長  2017-9-15 19:22

お久しぶりです。プライベートでどえらいショックなことがあり、筆が止まっていた院長です。

ですが、こんな駄文でも患者さんからは
「先生!ブログ更新しないね。」
と言って頂きます。


そんなこんなで、久しぶりの更新です。


今年もスタッフ、スポンサーとして参加しまじたINAKAライド。

今年は何年かぶりに天気の心配をしなくて、いい日でした。

年々、他のスタッフもやる気マンマンで、僕の出る幕なし。スタッフミーティングでは黙っています(偉そうにふんぞり返えっているって説も)。

地元のケーブルテレビのINAKAライド準備の番組で僕のチャリ自慢な映像が流されて、家族の間ではどえらいヒンシュク(あれほどカットね、とお願いしたのに)。

さて、本番当日。
快晴。
スタッフは4時半集合。
参加者さんも嬉しそうに集まってきます。

今年、私の担当は60キロ温泉組。その後160キロに合流です。

今年は浜田の近藤先生も参加するので後半一緒になれればいいなと考えていました。

スタート前はいろんなチャリを眺めるのが楽しいです。
ふと、見るとライムグリーンの鮮やかなチャリ発見。
今は岡山で獣医師をしているtake君です。ブログでのやりとりのみでしたがINAKAライドのことをすごく良く書いていて会ってみたい方でした。想像以上の好青年です。

さあ、スタート。
60キロ組はラスト集団。
早い人もいれば、ファンライドの人も多くパレード走行でもばらけます。

そのなかに北九州から来た紳士が
「あなた、シラガミ先生?」
と話しかけてくれました。よく聞くと義弟の知り合いだとのこと。パレード走行ですでにINAKAライドを褒めちぎって頂きました。

今年は天気もよく、空港滑走路や海岸線などは素晴らしい走行が出来たと思います。
それは他の人のブログで紹介いただくとして、僕はアテンドライダーのお仕事。

何故か僕の周りでは落車による創傷や骨折などがあり一応医療従事者としては大わらわ。少しでも役に立てばと必死でした。
今年はバイク部隊も多く、救急道具を色々持っていてくれて助かりました。

そんなこんなの仕事をこなし匹見線では160キロ組の高速列車に無賃乗車をしてお昼の匹見のポイントに到着。

私は温泉組なのでライダーのチャリをトラックに載せるお手伝い。一息着いたところで参加者もいる温泉に入ることに。

イヤー、チャリの後の温泉、最高ですな。露天風呂で参加者の皆さんとライド談義に花が咲きます。そこにチャリ担当の湊副市長も合流。皆さん温泉を楽しんでいました。ここで、弁当食べてビール飲んでバスで帰れれば最高なんですけど、まだ160キロのアテンドのお仕事が・・・。汗に濡れたジャージを着て再スタートです。
風呂入った後の再スタートって結構キビシイのね。

ここで近藤先生と合流。
流石にまだまだ足も残っている様子。
裏匹見峡を一緒に走ります。
何台かと合流してトレインを組んでいると、パンク発見。
僕だけ離脱して手当。
今回はパンクも多く修理しました。

なかなか近藤先生に追いつくことができず、銅ヶ峠の山頂でやっと合流。

この頃になると一人で走っているライダーも多く沢山声をかけさせて頂きました。

その後、美都、真砂CPを通り、大谷温泉に抜ける激坂ルートに。
流石に近藤先生も他の参加者さんもここに来ると足が売り切れ始めたようです。
しかし、私はなんと言っても温泉上がり。筋肉もチョーフレッシュ!あと200キロぐらい行けそうです。

ラストは近藤先生とグラントワに。
私は片付けに向かいます。

帰ってくるライダーはみんな笑顔です。
迎えるスタッフも笑顔。

INAKAライド。手前味噌ですがほんとにいい大会になりました。
益田をアピールするには本当にいいイベントだと思います。
そのことに関われたことを誇りに思います。

執筆 : 
院長  2017-8-16 12:17

今年の盆休み、比較的ゆっくり取られました。

そこで13,14で義弟と一泊ライドへ。どこに行こうと思案しましたが、やっぱり走ってみたい、やまなみハイウエイ。いまだ夏の豪雨の爪痕残る北部九州走りました。

ルートは
中津⇒耶馬渓⇒九酔渓⇒九州芸術の森⇒湯布院⇒別府

別府⇒国東⇒中津

という一泊二日のルート。

途中、豪雨の影響で不通であったり雨に降られたりしましたが、楽しいライドでした。

執筆 : 
院長  2017-7-24 16:24

都会とかではすでに多くの歯科医院が初めているんでしょう、
デンタルドック!

今さらですが高次元な予防が必要だと感じている今日この頃。高齢化が進んできて奥歯のない人のQOLの低さを痛感しております。

要は高度な予防歯科を通じて患者さんのデンタルIQを高めたいと考える日々です。

執筆 : 
院長  2017-7-7 16:28

先週の土曜日は、医院の歓送迎会がありました。

出産を機に家庭に入る、Sちゃん。

気立てもよく優しい気配りが患者さんにも好評でした。
これからはいい母親になって「くれるでしょう。

子育てが終わったら復帰してほしいものです。


そしてかわって、医院に加わってくれるMさん。
子育て、夫の面倒見も一息ついての衛生士復帰です。

良いのか悪いのか、これで医院の平均年齢はグッとアップです

これからの超高齢者社会では子育てが終った女性の力が必要となります。


肝心の会は駅前の居酒屋。
今回は何人かの欠席はあったものの、ウチのチビも参加しての総勢18人の大所帯。
大騒ぎでした。

基本、飲み会となると多くの女性陣の中の少数の男性陣。肩身が狭いっす!

しかも若いスタッフのペースについていけず、結構フラフラに・・・。

でも、女性が多い職場でも飲みにケーションは大切かな。

もっと、もっとスタッフの愚痴を聞いてやろうと思うダメ院長なのです。

執筆 : 
院長  2017-6-26 10:13

今年もやりました
「歯とお口の健康フェスティバル」
またも担当です。

例年お手伝い戴いている花王さんも今年も協力。
ホント、足を向けて眠られません。

今年は取材のメディアの数も増加。
参加人数も370人と過去最高。
天気も梅雨とは思えないほどで、いい一日でした。


それと、朝5時ぐらいからトレーニングをしている高津の踏切で大勢の人が・・・。
事故か!と思いましたが、瑞風登場!!
いいものを見られました。
早起きは三文の得ですね

執筆 : 
院長  2017-6-5 16:46

開業19年目にして2回目の税務調査が入りました。

滅茶苦茶ブルーになるわけではありませんがあまり気持ちのいいものでもありまん。

税務の対応はウチのスーパーできた事務員と顧問税理士さんがバッチリやっているのでほとんど気にはなりませんが、僕の役目もあるので粛々とこなします。

やっぱり、担当の税務署職員さんはこのブログを見てきたそうで(そりゃそうだ)、もっと世界に寄与する文を書けば良かったと後悔・・・。

高校の同級生にも税務署勤務の友人がいるので、仕事内容が辛いことは聞いています。

ウチでどっさりお土産を持って帰えってとは言いませんが、お仕事ご苦労様です。

本当に後ろめたいことはないつもりですが、ほどほどに頑張って下さいね

 

執筆 : 
院長  2017-6-1 21:31

初めて出ましたツールド大山。



100キロで獲得標高2400m。なかなかにMなコースです。


初めての大会で要領を得ないのでとりあえず、前日入りの車中泊。

鳥取のイベントは案内がメールだったり、完走証などがなかったりと、とても簡素化されています。


当日、絶好の晴れ。

大山も気持ち良く見晴らせます。


会場の駐車場も広く人数も400人と限定されているためかゆったりしていて朝の慌ただしさがありません。好感が持てます。

開会式を芝生の上で待っている間、松江から来たという青年とおしゃべり。昨年のINAKAライドにも来たとな。

今回もINAKAライドのスタッフジャージを着て走ったのでいろんな方から声をかけて頂きました。


私がエントリーしたのは上級コース。

とは言ってもスタート時間が遅くなるだけでコースは一緒。こんなことなら初級でエントリーしとけば良かった。


スタートは30人づつで、スタート直後から抜いたり抜かれたり。

とにかく平坦路がほとんどないのだから走り甲斐もあります。


上りも半端ないのですが下りも10%の真っ直ぐな道が続くのですから、下りは飛ばさない信条の私ですら70キロ超え。


何回、峠を越えたかわからないうちにCP1到着。

ここは一昨年大山登山の時に立ち寄った国民宿舎?

すごく綺麗です。


今回、MCCからはソロ参戦かと思いきや、MCCのイケメン上見くんに声をかけられます。

松江の友人と来たとのこと。

知り合いがいると心強いです。

そして上見くんのバイクはデローサ。機材フェチの私にはそそられます。


このコースは坂ばっかりですが、新緑の大山山麓を走るのって本当に気持ちがいい。

当然、景色をのんびり見る余裕はないのですが、何故か楽に走られます(ま、それでもゼイゼイハアハア言ってるんですけど)。


CP3を過ぎたあと、いよいよラスボスの勾配平均10% 3.2キロの直線に挑みます.。


事前にいろんな人のブログで読んでいましたし、心の準備をして足を残しておきました。

やっぱりどエライきつかったし、最後の500メートルはすごく長く感じました。

延々走って最後のこれは効きますね。


ともあれ、始終楽しく走れてゴール。


グランフォンド伯耆よりも全然楽でした。

やっぱり100キロという長さがいいんでしょうね。


最後は上見くんとお立ち台で。


来年はMCCで大挙して走りたいな!

執筆 : 
院長  2017-5-23 15:47

毎年この時期にやってます。益田鹿足歯科医師会総会。

私は役員を務めて5年目。今は専務理事という肩書きです。

年々、役員としての仕事は増えてきます。
歯科医師会員もビミョーに減ってきており、会の予算も削減気味。

今までは役員会や総会、新年会、忘年会などはホテルでゴージャスにやっていましたが今後は缶コーヒーを持ち寄って、レンタル会議室での会となる可能性も。

ま、宴会なんかは魚民で十分なんですけどね。

とりあえず僕が担当の夏の例会は緊縮予算かつ華やかに執り行う予定です

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 34 »

ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
これまでの記事
Copyright (C) 2008 Shiragami Dental Clinic Medical Corporation. All Rights Reserved.  ログイン