島根県益田市久城町「しらがみ歯科クリニック」-義歯 インプラント 歯科矯正治療 ホワイトニング 訪問診療 予防歯科のことならしらがみ歯科クリニックへ。

しらがみ歯科クリニック
TOPページへ戻る | 
ブログ
クリニックの紹介
MENU
お問い合わせ

医療法人
しらがみ歯科クリニック

698-0001

島根県益田市久城町911-2

TEL 0856-31-0202
FAX 0856-31-0068

<{$xoops_sitename}>
ホーム  >  院長ブログ  >  最新エントリー
しらがみ歯科院長ブログ -島根県益田市-

院長ブログ - 最新エントリー

執筆 : 
院長  2017-6-5 16:46

開業19年目にして2回目の税務調査が入りました。

滅茶苦茶ブルーになるわけではありませんがあまり気持ちのいいものでもありまん。

税務の対応はウチのスーパーできた事務員と顧問税理士さんがバッチリやっているのでほとんど気にはなりませんが、僕の役目もあるので粛々とこなします。

やっぱり、担当の税務署職員さんはこのブログを見てきたそうで(そりゃそうだ)、もっと世界に寄与する文を書けば良かったと後悔・・・。

高校の同級生にも税務署勤務の友人がいるので、仕事内容が辛いことは聞いています。

ウチでどっさりお土産を持って帰えってとは言いませんが、お仕事ご苦労様です。

本当に後ろめたいことはないつもりですが、ほどほどに頑張って下さいね

 

執筆 : 
院長  2017-6-1 21:31

初めて出ましたツールド大山。



100キロで獲得標高2400m。なかなかにMなコースです。


初めての大会で要領を得ないのでとりあえず、前日入りの車中泊。

鳥取のイベントは案内がメールだったり、完走証などがなかったりと、とても簡素化されています。


当日、絶好の晴れ。

大山も気持ち良く見晴らせます。


会場の駐車場も広く人数も400人と限定されているためかゆったりしていて朝の慌ただしさがありません。好感が持てます。

開会式を芝生の上で待っている間、松江から来たという青年とおしゃべり。昨年のINAKAライドにも来たとな。

今回もINAKAライドのスタッフジャージを着て走ったのでいろんな方から声をかけて頂きました。


私がエントリーしたのは上級コース。

とは言ってもスタート時間が遅くなるだけでコースは一緒。こんなことなら初級でエントリーしとけば良かった。


スタートは30人づつで、スタート直後から抜いたり抜かれたり。

とにかく平坦路がほとんどないのだから走り甲斐もあります。


上りも半端ないのですが下りも10%の真っ直ぐな道が続くのですから、下りは飛ばさない信条の私ですら70キロ超え。


何回、峠を越えたかわからないうちにCP1到着。

ここは一昨年大山登山の時に立ち寄った国民宿舎?

すごく綺麗です。


今回、MCCからはソロ参戦かと思いきや、MCCのイケメン上見くんに声をかけられます。

松江の友人と来たとのこと。

知り合いがいると心強いです。

そして上見くんのバイクはデローサ。機材フェチの私にはそそられます。


このコースは坂ばっかりですが、新緑の大山山麓を走るのって本当に気持ちがいい。

当然、景色をのんびり見る余裕はないのですが、何故か楽に走られます(ま、それでもゼイゼイハアハア言ってるんですけど)。


CP3を過ぎたあと、いよいよラスボスの勾配平均10% 3.2キロの直線に挑みます.。


事前にいろんな人のブログで読んでいましたし、心の準備をして足を残しておきました。

やっぱりどエライきつかったし、最後の500メートルはすごく長く感じました。

延々走って最後のこれは効きますね。


ともあれ、始終楽しく走れてゴール。


グランフォンド伯耆よりも全然楽でした。

やっぱり100キロという長さがいいんでしょうね。


最後は上見くんとお立ち台で。


来年はMCCで大挙して走りたいな!

執筆 : 
院長  2017-5-23 15:47

毎年この時期にやってます。益田鹿足歯科医師会総会。

私は役員を務めて5年目。今は専務理事という肩書きです。

年々、役員としての仕事は増えてきます。
歯科医師会員もビミョーに減ってきており、会の予算も削減気味。

今までは役員会や総会、新年会、忘年会などはホテルでゴージャスにやっていましたが今後は缶コーヒーを持ち寄って、レンタル会議室での会となる可能性も。

ま、宴会なんかは魚民で十分なんですけどね。

とりあえず僕が担当の夏の例会は緊縮予算かつ華やかに執り行う予定です

執筆 : 
院長  2017-5-15 18:39

今年も出ました、石見グランフォンド(毎年同じ書き出し)。

今年はいつもの近藤先生ほかトライアスロン仲間のS君も一緒に参加。
本人が渋るのを無理やり200キロで参加させました(S君ゴメンネ)。

今回は前日からの前のり。車中泊です。

9時ぐらいに到着してMCCの前のり組とプチ宴会。
程よく酔ったところで就寝となりました。


車中泊にしてはぐっすり眠られた当日。
今年も快晴です。

今回はGWもしっかり鍛えたし新しい機材もあるし楽勝の予定です。

予想はしていましたが今年は予選が厳しかった(チャリをどこに置くかってこと)。例年より30分は早く位置取りがスタートしました。

私も近藤先生も、よっぽどのことがない限り完走できると思っていたのですが、S君の為になるべく早いスタート位置を確保します。
今回は初のフロントから3番目スタート。
こんなに早くスタートして申し訳ないような・・・。

結果は、S君は残念ながら200キロ完走ならずで190キロ完走です。
近藤先生は驚異の粘りで足切りギリギリで200キロ完走。

私はというとCP4直後の峠で近藤先生と離れ、峠の頂上で近藤先生を2分待つも、足切りが心配になり単独スタート。
非情にも友情よりも完走を選びました。

「もう、近藤は間に合うまい。 
俺が近藤の屍を乗り越えていこう!
スマン、近藤。あとはゆっくりオヤスミ」
という心境でした

ですので、近藤先生が時間ギリギリで帰っていた時は驚きました。
ヤッパリ友は信用するものです。


そんなこんなな大会でしたが、やっぱり楽しめました。補給食も年々良くなっているようですが、参加者も増えてきているようで、どこのCPも大賑わいでした。

MCCの仲間も事故もなく完走。
ちょいちょい見るMCCのオレンジジャージが心強いです。

来年は出るかどうかわからないけどいい大会でした(毎年同じフレーズ)。

執筆 : 
院長  2017-5-12 22:22
皆さん、日記書いてます?


当然私は書いてません。
ただ、最近物忘れ激しいのです

去年の今頃、何してた?って覚えてます?

年をとったせいか過去の自分が気になります。

そこでアプリで日記書く事にしました。

「10年日記」
いつまで続くかわかりませんが、日記続けようと思います。

診療のアレコレもかいて日々反省です。
執筆 : 
院長  2017-5-9 9:13

今年もありました、MCCの年一イベント。

今年は市も協賛して一般の方も20人ぐらい参加して盛り上がりました。

こういう場合、私はもてなす側の気持ちが強く出てしまい、一人でいる人にはウザがられるぐらい話しかけてしまいます。

少しでもこのイベントに出て良かったと思っていただけたら幸いです。

執筆 : 
院長  2017-4-18 15:25

5月のイベントに向けて少し距離を走っておこうと日曜日は早朝から120キロライドに出ました。

朝8時には道の駅長門峡に到着。

天気予報だと25度ぐらい上がるとのことだがあたりは霧で真っ白。

それでも県道310から長門峡に向けてGo。

今回はエッジ820にしっかりルートを入れてあるので山奥に入っても安心です。
以前のエッジ700もナビ機能はあったのですが手順が複雑だったのであまり使わず。

県道310から阿武川ダムに出て県道10で小郡を目指します。

しっかし朝に山奥を走ってると本当に気持ちイイ!
自転車乗っててサイコーと思う瞬間です。

途中の道の駅でドーナツを補給。
ライド中は何を食べての大丈夫のような免罪符が発行されるから嬉しいです。

その後、県道28からレクサス山口に向かうのですが、ナビを操作している間に、TREKに追い抜かれました。

「TREKごときがLOOK様を追い抜かすとは、よかろう新型デュラエースの実力を見せてやろ。」
と訳のわからぬスイッチオン。

シフトダウンしながらダンシング併用で追っかけます。
コーナーごとに確実に距離が詰まって??きません。気のせいか間が開いていくような。
「クソー。ラッキーなやつだ。こっちは慣らし中だ許してやろう。」
と言い訳。

この後すぐにレクサス到着。

担当のO君が準備して待っててくれました。

「いつも冷やかしで、ゴメンネ」
という気持ちもおくびにも出さず、綺麗なお姉さんからアイスコーヒーと冷えたおしぼりを頂戴しました。

ごめんねO君。
いつかLS買います。

そんな気持ちを抱きながらLC試乗。

「ん〜、なんか分からんがいい感じ。前にアストンDB11に乗った時と似てる。LCの方が演出過多で囲まれ感が強く、レクサスの気合を感じますが、気合が若干空回りしている感も。」
ま、私ごときが言うな!って話ですが。

ウオー猛烈に欲しいぜって感じではないです。

レクサス特有の長々としたお見送りをチャリで受け、気恥ずかしさのあまりかなかなかクリートがはまらずカッコ悪い。

昼食後は道の駅仁保に向かいます。

小郡からは平地なのであっという間に到着。市内の混み様を考えたらチャリの方が早いかも。

道の駅に到着するとたくさんの鯉のぼりがお出迎え。GW気分を盛り上げます。
この後、ルートラボによると最大20%の激坂が待っているので、ここで軽く補給予定です。

バイクラックにチャリを停めてトイレから戻ってみると僕のバイクの周りに4,5人の人が。
「あの〜これ新型デュラですよね?」
と、
「ええ、わかります( ̄▽ ̄)」と私。
もうここからスイッチオンで新型デュラの解説から自慢から止まらない止まらない。しかもさらにLOOKにまで食いついてきたので、ここは私も大漁旗を振って講釈をたれます。

ひとしきり演説をうったあと、皆さんに見送られてスタート。案の定調子こいて補給するのを忘れてます(バカだね〜)。

そしてメインの県道(酷道)324で道の駅長門峡を目指しますが、ここで落ちたら絶対見つからないなという恐ろしいルート。落ち葉や倒木が酷くてアスファルトが見えません。そいて最後には傾斜20%を超えてきました。
必死にパンクもせずに登りきれば、ほぼゴール。難儀をしました。

帰りには願成就温泉に寄って疲れを癒しましたが、途中の温泉は本当に気持ちがいいのだけれども、居眠りには注意ですね。

ツールド大山に向けては足はまだまだですが、マシンは大夫仕上がりました。

執筆 : 
院長  2017-4-15 9:33

早速、新型デュラ乗り込んできました。

今回は楕円リングやホイール、サイコンも取り替えているのでフルモデルチェンジのごときです。

早速インプレも兼ねて市内の桜パトロールです。

新型デュラの最大の目玉はフルシンクロシフト!
僕のLOOKにはスプリンタースイッチがついているのでこれで全てまかなえてゴールスプリントも完璧です。

ま、実際はフロントが楕円リングなのでそんなにスパスパきまりませんが、楽ちゃ〜楽です。

しかもリアはワイドカセットにも対応なのでついに11T−30Tという乙女カセットに・・・。

市内の坂では30Tの登場するようなところはないのですが心の余裕が違います。

不安だったクランクも新型デュラは真っ黒なので意外にLOOKのモンドリアンカラーともなじみます。


まずは定番の大平桜を視察。
もう散り始めていました。
写真愛好家の人も沢山おいでになっていましたが、残念そう。

次に上にあがればまだ桜はあるだろうと思い、弥栄方面に。
川沿いはまだまだ満開。
新型デュラの効果もあり気持ち良く走られます。

今回の楕円リングはアブソリュートブラックの赤であり、ホイールもR-SYSレッドということもあり赤色の強いバイクとなりました。
結構気に入ってっます。

執筆 : 
院長  2017-3-24 14:31

僕のエースチャリはLOOK695。
これはフレームをオーダーして地元のチャリ屋さんで7900のDi2を組んでもらいました。

そのときはLOOKのZEDクランクがどうしても使いたくて変速性能は落ちるのを承知でフロントだけはLOOKの純正としました。

それから4年。
新型のデュラエースが出るとなると、この際見た目は涙を飲んで新型に換装することにしました。

その際見た目を少しでもよくする意味と興味もあってアブソリュートブラックの楕円リングも装着。
また、新型デュラに合わせてガーミン820も装着。
えらい出費です

今回の新型はトピックも多く、フルシンクロシフトなどがありますがリアディレイラーのワイド化が僕にはありがたい。

これでノーマルで30Tまで使えることに。

そこで11ー30TはR-SYSに履かせて、カーボンホイールには12ー28Tを履かせることにしました。
これで石見グランフォンド、ツールド大山は制覇したようなもの。

ちょっとだけ試し乗りをしたのですが、すごく軽い!!!
フルシンクロシフトもいい感じですが、
それらが全てスマホで管理できてしまうのが未来的です

あとは微調整をしてもらうだけ。
今回は斎藤自転車さんにお願いをしまsた。
いい感じに仕上がりそうです。
メカの宮さんに感謝!

執筆 : 
院長  2017-3-13 9:34

「離任式は卒業生はスーツで出席なんよ!」
と言い張る長男に渋々負けて、スーツを買いに行くことに。

それならチビをプールにも連れていこうと、次男も連れ出して男4人で出雲にGOとなりました。

ま、本来スーツなど「はるやま」などでも良かったのですが、野郎4人で出ることもこれが最後かと思いクーペに4人乗り込んでドライブです。

行きの出雲までの2時間。
無邪気な幼稚園児の3男以外は、車内は重い空気。
父親がいい天気であって、ドライブ日和を連呼するも、高校生の長男、中学生の次男がノってくるわけもなく、小うるさい長女のありがたみが感じられるのです。


それでも横に座る長男とは日頃話せぬ父子の会話もどきをし、父親としての及第点をもぎ取ろうとする悲しい私の姿勢。

ともあれ、2時間あまりで出雲に到着。
次男と三男は一目散にゲームコーナーに。
私と長男はスーツショップ巡り。

スーツ初心者の長男にことさらいいスーツを着せようとは思わないのだけれどもショップを巡ると私にもスイッチが入り迷う迷う。
最後は定員さんセレクトに落ち着きます。

言い古された言葉ですが、やっぱり息子のスーツ姿を見ると不思議な気持ちになりますね。
32年前に市役所入庁するときに初めてスーツを着たときにオヤジもこんなことを思っていたのかと深淵してしまいます。

とりあえずドタドタ買い物を済ませてもう一つの目的であるマリンタラソに向かいます。

チビが楽しみにしていたお兄ちゃん達とのプール。
私もカラスの行水ですが温泉は大好き。
少しだけリラックスできました。

今回、野郎だけでのドライブ。
やっぱりトンビは鷹は生まないのだけれでも、トンビなりの飛び方を教えてやりたいと強く思う親トンビなのでした。

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 33 »

ブログ カレンダー
« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
これまでの記事
Copyright (C) 2008 Shiragami Dental Clinic Medical Corporation. All Rights Reserved.  ログイン